プチ整形で小顔になって芸能人のような魅力を手に入れませんか?

sunglass_girl

エラを削る

顔が大きいことを気にしている人は、小顔にするプチ整形を検討してみてはいかがでしょうか。
小顔にするプチ整形と言っても、さまざまな方法があります。また、その方法は、1人ひとりの特徴によって異なってきます。
例えば、骨格が起因となってエラが張り、顔を大きく見せてしまっている場合、余分なエラを削る必要があります。
一般的に「エラ削り」と言われていますが、張っている部分を削ることによって、シャープなフェイスラインを手に入れることができます。
クリニックによって、細かい施術内容は異なってきます。例えば、角部のみを削り取る場合があれば、下顎体部から顎に近い部分まで削り取る場合もあります。
こうすることで、どの角度から見ても、きれいなたまご型をした輪郭を作り出すことができるのです。

ほかにも、傷跡が残らないようにさまざまな配慮・方法を取り入れているクリニックも存在します。
例えば、内視鏡を使って、口内から行なうため、外側から傷跡が目立たないようにするといった方法があります。

このエラの骨削りは、小顔にしたい人はもちろんのこと、角張ったフェイスラインから滑らかなフェイスラインにしたいという人に向いています。
正面顔や横顔から見た時にも、きれいなフェイスラインに見えるように、それぞれ異なる施術方法を用いて行なっています。
例えば、正面顔に関しては外板切除術、横顔に関しては内視鏡下曲線的下顎角骨切り術などが挙げられます。
こうした施術方法により、卵のような滑らかな曲線をしたフェイスラインを手に入れることができるのです。