プチ整形で小顔になって芸能人のような魅力を手に入れませんか?

sitting_girl

頬骨を削る

顔を大きく見せる原因は、人それぞれです。人によって、エラが張っていることで大きく見せることもあれば、頬骨が出ていることで大きく見せてしまうこともあります。
頬骨の出っ張りをなくす方法としても、エラと同様に骨削りという方法で行います。
しかし、頬骨弓部の暑さは5~6ミリで、削ることができても3~4ミリが限界とされています。
この数ミリでは、見た目に大きな変化を期待するのは難しいと言えます。
頬骨が横に出っ張っていることで、顔が大きく見える場合は、頬骨弓を2~3箇所削り内方転位させることで小顔にします。
頬骨弓は、最大横径部なので、約2センチは骨格を小さくすることが可能です。
この方法は、アーチインフラクチャーと呼ばれる方法です。
ほかにも、口内から頬骨体部を削り取ることによって、斜め横から顔を見た時に、頬骨を目立たなくすることが可能です。

骨削りが必要になると、プチ整形というよりも一般的な整形になりますが、確実に小顔を手に入れることができるでしょう。
この方法は、横への頬骨の出っ張りを目立たなくしたい人に向いています。
ほかにも、頬骨が出ているために老けて見られるという人にも、効果があると言われています。

頬骨が出っ張っているのは、特に日本人に多いと言われている特徴の1つで、悩んでいる人はとても多いようです。
頬骨が出っ張っていると、どうしても男性的な印象を与えてしまったり、きつそうな印象を与えてしまったりすることがあります。
そういった悩みを抱えている人は、美容整形クリニックに足を運んで、頬骨削りを行なうと良いでしょう。