プチ整形で小顔になって芸能人のような魅力を手に入れませんか?

fitting_dress_woman

しゃくれを治す

人によって、持っている外面的コンプレックスは異なります。
その中でも、比較的多いとされているのが、顎の悩みです。
例えば、顎が長い、顎が大きいといった人がいます。
顎が長いことを一般的にしゃくれと言いますが、非常に強いコンプレックスを持っている場合が多いです。
容姿のことで、人に罵倒されることもあり、精神的に落ち込んでしまうケースも珍しくありません。
そこで、小顔にする整形方法として顎を短縮する施術があります。

長い顎や大きい顎を短縮する方法として、主に水平骨切りと呼ばれる方法があります。
これにより、最大で10ミリ~12ミリの短縮を図ることができるのです。
また、個人差こそありますが、最大で8ミリ~10ミリ突出した部分を交代させることができます。

長い顎を短くしたい人や面長を気にしている人に向いています。
この方法も、骨を削りますので、プチ整形とは言えませんが、小顔効果は絶大と言えるでしょう。

ちなみに、一般的に「顎」と呼ばれている部分は、口元の下にある下顎骨の中央部分のことを言います。
この部分のことを、医学用語で「オトガイ」と呼びます。
顔面輪郭手術は、このオトガイとこれまで紹介したエラ、頬骨の3つが代表的と言われています。
この3つの中でも、エラと頬骨に関しては、ほとんどの人が似た悩みを抱えています。
ですが、オトガイに関しては、人によって多種多様な悩みを抱えているようです。
例えば、顎が長い、顎がしゃくれている、顎が大きく幅が広い、顎が引っ込みすぎてないように見える、顎が短い、顎が曲がっている……。
このように、本当に多種多様な悩みがあるため、それに伴って施術方法も異なってきます。

ですが、その中でも、特に多いとされているのが顎を短くしたいという悩みです。