プチ整形で小顔になって芸能人のような魅力を手に入れませんか?

eye_girl

ボツリヌストキシン

小顔にするプチ整形には、さまざまな方法があります。
しかし、一般的にエラや頬の骨を削ったり、切開したりしないといけないイメージがあり、怖いと感じる人も少なくないようです。
そういった人には、エラボトックスによりプチ整形を行なうのが良いです。
エラボトックスは、ボツリヌストキシンと呼ばれる毒素を利用して小顔効果を手に入れる方法です。
毒素と記載されていますが、安全性はきちんと保証されており、効果も期待できるようです。
このボツリヌストキシンは、筋肉の動きを弱める働きがあります。そのため、眼瞼痙攣や顔面痙攣の治療薬として使用されていました。
しかし、美容医療の分野においても注目され始めており、小顔のほかにわきがや多汗症にも効果があるとされています。
また、ほかにもしわの改善にも効果があるようです。

エラ張りの原因として、咬筋の発達が挙げられます。咬筋というのは、奥歯を噛みしめる筋肉のことです。
この咬筋の動きを弱めることで、シャープなフェイスラインを手に入れることができるのです。

このエラボトックスによるプチ整形のメリットは、骨削りや切開が必要ないという点です。
注射だけで良いので、外面的な傷跡が残りません。
また、それに伴ってダウンタイムも短くて済むというメリットもあります。

ですが、このボトックスも効果がずっと続くというわけではなく、大体半年~1年経つと切れてしまいます。
当然、それに伴ってエラの張りも元に戻ってしまいますので、効果を維持するためには、定期的・継続的にボトックス注射をしなくてはなりません。
長期的に行なう場合は、その分費用も重なってしまいますので注意が必要です。

また、咬筋ではなく骨格が原因でエラが張ってしまっている場合には、あまり効果を発揮してくれません。
しっかりと医師と相談して、自分にあった施術方法を導き出しましょう。